いいね!の数がそんな意味だったとは?Facebook集客の迷わない使い方。

Share on Facebook
Share on LinkedIn

いいね!の数がそんな意味だったとは?

Facebookの代名詞ともいえる「いいね!」
この「いいね!」の真の凄さとは一体なんなのでしょうか?
このコーナーで確認してみたいと思います。

 
いいね!数って?

Facebookを「友人知人とつながる場所」
「ご挨拶の場」とだけ考えている分には、
「いいね!」の数にこだわる必要はありません

 

「いいね!」の数は、
その情報がどのくらい「共感されたのか?」
という指数になります。

 

「いいね!」の数は、
友達を介して拡散されることから、
その人物がどれくらい「信頼を得ている人」なのか?

また、クチコミ力、説得力などの
「影響力をどれくらい」持っている人なのか?
という判断材料になります。

 

例えば、あなたが田舎の離島に住んでいるとしましょう。
Facebookで影響力を持ちさえすれば、

日本全土や世界のユーザーを相手に、
自分の価値観を共有し、共感し、共鳴することができます。
その存在感をアピールすることができます。

 

そのどれだけ多くのユーザーと?というところに、
いいね!の数の存在意義が出てきます。

 

 

Facebook集客の迷わない使い方

スピードフェイスブック集客メールレッスン facebookビジネス大全集 クチコミと集客

 

生きた「いいね!」じゃないと意味がない

つまり、Facebookの投稿は、
あなたがその可能性を理解していればしているほど
「いいね!」を媒介に、
「クチコミを発生」させ、
「巻き込み」、
「人脈を構築」することで、
「夢を実現するチャンス」にも、
「ビジネスを発展させる大チャンス」にも、
変えることができます。

 

「いいね!」の数は影響力の大きさ、とも言えます。
だからといって、
お金で買ったりしても、まったく意味がありません。

 

なぜなら、
本当の交流をしているお友達からの、
意志ある「いいね!」でなければ、
集客に繋がるクチコミを起こしてくれないからです。

 

「数にこだわる」からと言って、
2~3日の蓄積で作った「いいね!の数」には
アクティブな要素は少なく
クチコミを起こすための
生きた「いいね!」にはなりません。

 

「いいね!」の数にこだわるためには、

「与えなさい、そうすれば、あなたは与えられます」
という、新約聖書ルカの福音書の言葉のように・・・、

まず、自ら与え、信頼を築き、そしてギフトを受け取る。
という流れのかなで
「いいね!」の数にこだわる必要があります。

 

「いいね!」の真の意味に気づき、
祝福と感謝の気持ちがこもった「いいね!」を得た時、
Facebookはあなたに見方します。
あなたの商品やサービス情報を
「クチコミ」に変え、拡散の世界を網羅してくれます。

 

Facebook集客のコツ!
それは、
自分とつながっている友達の先に、
真のお客様が存在していることを知ることです

 

あなたの情報と共に、
あなたの信頼を届けること出来た時
お客様は「感謝し喜んで購入」してくださいます。
なんども・・・です。

 

それをイメージし、
Facebookでの交流を心から楽しむこと。
それが
Facebook集客の神髄です。

 

 

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━

●スピードフェイスブック集客セミナー 開催中●

「Facebook集客法」を実践的に学びたい方。
「メ―ルレッスン」の終了まで待てない方。
今すぐ習得して」ビジネスに役立てたい方。

「フェイスブックが苦手な経営者や起業家」でも大丈夫♪
スピードフェイスブック集客セミナー
 →詳細はこちらから

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━

 

スピードフェイスブック集客メールレッスン

  
■スピードフェイスブック集客セミナー

check6「スピードFacebook集客法」を実践的に学びたい
check6「メ―ルレッスン」の完結まで待てない
check6「今すぐ習得して」ビジネスにすぐに役立てたい
check6 Facebookが苦手な経営者や起業家でも大丈夫♪
→セミナーの詳細はこちら

 

スピードフェイスブック集客メールレッスン



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事