いいね!の誰も気づかなかった3つの役割♪Facebook集客が楽しくなる。

Share on Facebook
Share on LinkedIn

いいね!の誰も気づかなかった3つの役割♪

Facebookの代名詞ともいえる「いいね!」
この「いいね!」の真の凄さとは一体どの部分なのでしょうか?
このコーナーで確認してみたいと思います。

 

■いいね!の役割とは?

ご存知の通り、

「いいね!」ボタンは欧米では「Like」で表示される、
フェイスブックを象徴する機能です。

 

Facebookでは「いいね!」という、
あくまでも「共感」の気持ちで押された
1クリックを
「クチコミ」に変えてしまう
そんな仕組みを実現させました。

 

これこそが、フェイスブックが成功した最大のポイントです。
(まだ、ピンと来ませんよね・・・?)

 

では、誰も気づかなかった3つの役割について
整理してみましょう。

 

<いいね!の3つの役割>

1:コミュニケーション

 ・1クリックで「共感」を伝えることができる。
 ・従来のコメントによるコミュニケーションに比べ簡単

 

2:リンク作成

 ・1クリックで自分のページへの「入口」をつくれる。
 ・いわゆる「リンク(紐づけできる)」を簡単に獲得できる。

 

3:クチコミ発生

 ・「いいね!」が集まると「クチコミ」となって
  ニュースフィードに情報が流れ出す。

 ・複数人の「共感」が「クチコミ」に変わるという
   リアル社会の現象を上手く仕組み化している。

 

と、以上です。

 

Facebook集客が楽しくなる。

スピードフェイスブック集客メールレッスン facebookビジネス大全集 いいね!

 

■いいね!は、おはようの挨拶♪

<いいね!の3つの役割>

なんか当たり前のようで、今一つピンときませんが、
Facebook以前のSNSでは、

コメントを書くことが「共感」唯一の手段でした。

 

そのコメントを書く行為が、
ハードルを高くし、重くし、オタク化させ、
市民権を得ることが出来ませんでした。

しかし、フェイスブックの「いいね!」は

頭を使う必要もなければ、かしこまる必要もない

 

それが心理的にハードルを低くし、
誰にでも出来る!という証明になり、

あっという間に受け入れられて行きました。

 

この、「頭を使わない会話」何かに似ていませんか?

そう、「挨拶」とそっくりじゃないですか。
サザエさん世代では、
ご近所さんで「おはよう!」をみんなで掛け合い
地域コミュニティーを形成していました。

 

ついでに、

お塩とかお醤油、お豆腐なんかも借りあったりしてね!


社会が潤滑油として活用していた
「挨拶」を、
取り入れ、こころの交流、触れ合い、理解形成と
ネット社会の中で実現させたところに、

Facebookの貢献の高さが光っています。

 

さらに、実社会には即時性として存在しない
友達の友達はみな友達だ!

という拡散力(クチコミ力)を加え、

文化にしてしまったことが、
今世紀最大の発明といわれる由縁なのです。

  
■スピードフェイスブック集客セミナー

check6「スピードFacebook集客法」を実践的に学びたい
check6「メ―ルレッスン」の完結まで待てない
check6「今すぐ習得して」ビジネスにすぐに役立てたい
check6 Facebookが苦手な経営者や起業家でも大丈夫♪
→セミナーの詳細はこちら

 

スピードフェイスブック集客メールレッスン



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事